【レビュー】使い捨てカイロよりも暖かくパワフル!繰り返し使えるハクキンカイロ

【レビュー】使い捨てカイロよりも暖かくパワフル!繰り返し使えるハクキンカイロ

使い捨てカイロよりも暖かくパワフル!繰り返し使えるハクキンカイロ

来シーズンに向けて冬キャン準備中。

『+CAMP!NG』ライターの ゆいP です。

秋・冬のキャンプでは防寒対策が必須!日中は暖かくても、日が落ちて夜になると気温が一気に下がります。

起きている間は焚き火やストーブに当たっていると温かいですが、いざ寝ようと思い寝袋に入っても寒くて眠れないなんてことも

そんな時にオススメなのが今回紹介する『ハクキンカイロ』。

使い捨てカイロよりも暖かく、湯たんぽよりも簡単!

日常生活でも毎日使っている ゆいP オススメのハクキンカイロの魅力をお伝えしたいと思います。

ハクキンカイロについて

1923年(大正12年)創業の株式会社ハクキンカイロが80年以上に渡って販売している超ロングセラー商品『ハクキンカイロ』。

使い捨てカイロが主流になっている現在でも、商品の技術力の高さや再利用できるクリーンな発熱システムとして再び注目されています。

ハクキンカイロは燃料のベンジンを気化させ火口のプラチナ触媒と化学反応させることで熱を発生させるカイロです。

使い捨てカイロの13倍の熱量があり、キャンプなどのアウトドアやウィンタースポーツでの利用に適しています。

雪国育ちの ゆいP にとってハクキンカイロは珍しいものではなかったですが、最近ハクキンカイロブームが密かに再燃しているという話を聞いたので買ってみることにしました。

ハクキンカイロに含まれているモノ

  • ハクキンカイロ(本体)
  • フリースケース
  • 燃料カップ

スペック

商品サイズ (幅×奥行×高さ) 80×22×150mm
商品重量 109 g
原産国日本
材質カイロ本体:真鍮
火口:プラチナ・ガラス繊維
中綿:脱脂綿

カイロ用ベンジン

ハクキンカイロで利用するベンジンは何でも良いわけではなく、ハクキンカイロが指定しているカイロ用ベンジンをご利用ください。

ハクキンカイロの使い方

使い方は超簡単!ベンジンを注いでライターで火口を炙るだけ。

慣れれば1分かからないです。

火口を取り外しベンジンを注ぐ

初めに火口を取り外しハクキンカイロにベンジンを注ぎます。

火口を取り外す時に火口を直接素手で触らないようにしましょう。

とてもデリケートなので点火不良の原因になります。

ベンジンは付属のジョウゴを使って注ぎます。

ジョウゴは90度回すことで本体にベンジンを注ぐことができます。

ジョウゴには2つのメモリが付いていて上のメモリで約12時間、下のメモリで約6時間温めることができます。

ハクキンカイロスタンダードの場合、ジョウゴ2杯分のベンジンを注ぐことで最大24時間温めることができます。

※ベンジンは可燃性の液体なので保管及び取り扱いには十分気をつけてください。

ベンジンを注いだ後は本体を逆さまにしてベンジンがもれないことを確認します。

中綿が吸収しきれないほどベンジンを注ぐと火口がベンジンで濡れてしまい温まらなくなってしまいます。

火口をライターで2~3秒炙る

マッチやライターで火口を2~3秒炙ります。

本体は逆さにしないで、火口が上になるようにして炙ります。

いっぱい炙ったから暖かくなる訳ではないです。過度に炙ると火口の劣化を早めてしまうので注意してください。

ハクキンカイロの火口は消耗品のため劣化してくると点火できなかったり、温まりづらくなってきます。1〜2シーズンに1回を目安に交換してください。

ハクキンカイロを使用する時に気をつけていること

ハクキンカイロは外気にさらさず付属のフリース袋にいれて利用すること

ハクキンカイロは気化したベンジンが火口のプラチナ触媒と化学反応を起こすことで熱を発生させる仕組みなので、ハクキンカイロ本体の温度が高いと多くのベンジンを気化させることができるので、より多くの熱を生み出すことができます。

ハクキンカイロは真鍮製ため外気にさらすと一気に熱が奪われ温度が下がってしまいます

カイロの温度が下がるということはベンジンの気化する量も少なくなり、触媒反応が進まず温度が上がらないという負の連鎖に陥ってしまいます

使い捨てカイロも同じですがコートの内ポケットなど外気に直接触れない様にして利用するとよく温まります。

ハクキンカイロの good ポイント

最大24h暖かさが持続

ハクキンカイロ最大の強み!24時間温かい。

1泊2日のキャンプでしたら設営から撤収まで暖かさが持続します。

使用直後は暖かくても時間が立つにつれて温度が下がってくるのが使い捨てカイロの悩みの一つですが、ハクキンカイロは使用開始時の温度が長時間持続します。

使い捨てカイロよりはるかに温かい

ハクキンカイロは素手で持てないほど熱を発します

低温やけどする可能性がありますので、専用のフリースケースに入れて使用しましょう。

付属の燃料カップが優秀

計量カップ兼ジョウゴが使いやすくてとても良いです。

カップにはメモリが付いているので計量ができ、カップを90度回すと本体にベンジンが注がれます。

他社製品には無い便利機能です。

長年愛用できる

ハクキンカイロは創業当時から大きなデザイン変更がなく、消耗品である火口も互換性が高いため長年愛用することができます。

ハクキンカイロの bad ポイント

ベンジンの匂いが苦手な人には向かない

ハクキンカイロで利用するベンジンは石油燃料の独特な臭いがします。

灯油やガソリンとも違う臭いですが、それらの臭いが苦手な人には向かないかもしれません。。。

出先で使うにはベンジンとライターを持参

長期間出かける時はベンジンとライターを持参しないといけないので面倒です。

500mlのボトルを持ち歩くのは大変なので、小さいボトルに移し替えて持ち運ぶのが良いです。

感想 ~一度使うと手放せない冬の必需品~

キャンプでは寝る少し前に足元に入れておくと足元が暖かくなり快適に眠ることができました。まだ本格的な冬キャンプで利用したことは無いですがとても期待しています!

今年の冬から通勤でもハクキンカイロを毎日使ってますが、使い捨てカイロと違い使用するベンジンの量で発熱する時間が調整できるので、朝仕事に行くだけだから少なめとか、一日中外出するから多めにと調整できるのは、使い捨てカイロにはないメリットです。

また、専用のフリースケースには紐を通せる穴が空いているので、ハクキンカイロを首から下げてみぞおち辺りを温めると、より全身が温かくなります。

商品を購入するにあたり臭いを気にされる方も多いと思います。

私も購入前に Amazon の商品レビューで、「ベンジンの臭いで気分が悪くなった」という書き込みを見て購入するか悩みました。臭いなので個人差はあると思いますが私は懐かしい臭いがしてむしろ好きでした。(笑)

カイロ用ベンジンのメーカーによって臭いも異なるので、ベンジンを変えてみるのも良いかもしれません。

度使うと手放せないハクキンカイロ!ぜひ一度使ってみてください。

比較検討した商品

ZIPPO ハンディウォーマー

キャンプギアレビューカテゴリの最新記事