【DIY】キャンプにおすすめ!100円で作れる手作りダンボール燻製ハウス(初号機)

【DIY】キャンプにおすすめ!100円で作れる手作りダンボール燻製ハウス(初号機)
ダンボール燻製器

100円で作れる手作りダンボール燻製ハウス(初号機)

自分で作った燻製をつまみにお酒を楽しむキャンプはいかがですか?

『+CAMP!NG』ライターの ゆいPです

戸建でもマンションでもご近所のことを考えるとなかなか自宅で燻製は作れないですよね〜
燻製はキャンプならではの楽しみの一つかもしれません。

そんなわけで我が家でもキャンプで使えるダンボールで燻製器を作り燻製に挑戦しました!

燻製について

燻製を作ってみようと思ったものの、食べたことはあるけど一度も作ったことはありません。

「食材を煙で炙るんだろうな」と言うレベルの知識しかなかったので、本やネットで情報を集めました。

燻製には「熱燻」「温燻」「冷燻」の3種類があります。
3つの違いは燻製する時の温度と時間です。

熱燻

80〜120度の温度で10分から1時間程度の短時間でスモークします。
短時間でスモークするため食材に水分が多く残り、食材を高温でスモークするためとてもジューシー!

温燻

50〜80度で1時間から2時間程スモークします。
一般に燻製という場合は、この温燻を指す事が多く長時間スモークするため水分が飛び数日保存が可能です。

冷燻

25度以下の低温で1〜4週間程度スモークします。
長時間かけてスモークするため食材の水分が抜けてドライな仕上がりで長期間保存可能です。
冷燻は煙を冷やしてスモークするため、大掛かりな設備と食材を傷めないようにする専門知識が必要となります。

3つの燻製方法の中でダンボール燻製に一番向いているのは温燻だと思います。
冷燻は温度管理が難しい上に時間がかかりますし、熱燻は高温の熱源が必要なのでダンボールが燃えるかもしれないですしね。

ダンボール燻製器の作り方

我が家で作ったダンボール燻製器の作り方をご紹介したいと思います。

用意するもの

ダンボール2個と焼き編み
  • ダンボール2個
  • 焼アミ
  • ガムテープ

土台

ダンボールのつなぎ目から剥がす

ダンボールのつなぎ目

カッターで切ると再接着する際にのりしろが無くなってしまいます。
手で少しづつ剥がしてください。

ダンボールを裏返しに接着

ダンボールを裏返しに組み立てる

剥がしたダンボールを裏返しガムテープで接着します。
ペイントをする際に商品名が無いほうが書きやすいです。

③焼アミを乗せる足場を作る

焼きアミを乗せる足場

土台となるダンボールの片側のフタを焼アミが乗るサイズにカットします。

焼アミが小さい場合にはカットしすぎると焼アミより小さくなってしまうので注意してください。

土台となるダンボールの組み立て

焼きアミを乗せる足場完成イメージ

先程カットしたアミを乗せる部分をダンボールのフタをする要領で接着します。

土台部分が完成です!

屋根

ダンボールハウスの屋根をカット

ダンボールを仮止めし屋根の傾斜の線を引く

屋根の傾斜を仮止めし屋根の側面に鉛筆で線を引きます。
その線を定規とカッターを使いカットします。

線に沿って屋根の傾斜をカット

屋根が三角形になるようにガムテープで固定

屋根をダンボールで固定

屋根の上部の足りない部分はカットしたダンボールのフタを利用して穴埋めします。

煙突

ダンボールの端材で煙突となる四角い筒を作成

端材で適当に作った煙突

大きさは超適当です。(笑)
端材を使って好みの煙突の太さに折り目をつけます。

屋根の傾斜に取り付けられるようにダンボールをカット

屋根に合わせてカットした煙突

コレは少しコツがいりますが、ダンボールハウスの側面に作った煙突を当てて線を引くと煙突を取り付けた時に斜めにならないです。

屋根に煙突の取り付け

煙突を取り付けたダンボール燻製器

煙突に煙の出る穴を開けてあげてそこに煙突を取り付ければ完成!!

オリジナルペイントをすると色鮮やかで素敵なお家に仕上がります。
お子さんと一緒に絵を書くと楽しいですよ〜

※オシャレかなと思い端材で煙突を2重にしてみました。

ダンボール燻製ハウスの使い方

用意するもの

スモークウッドとピートスモークパウダー
  • ダンボール燻製ハウス
  • スモークウッド
  • ピートスモークパウダー(お好みで)
  • アルミホイル
  • ライター or ガスバーナー
  • 食材

オススメスモークウッド

・進誠産業 スモークウッド サクラ

価格もお手頃でサクラの他に種類も豊富

オススメピートスモークパウダー

・ソト(SOTO) いぶし処 ピートスモークパウダー

ピートスモークパウダーの中ではお手頃です。
あるとないとで香りが全然違います!

レッツ スモーキング!!

ししゃも うずらの卵 チーズ スパム 燻製

焼アミの上にお好みの食材を乗せて屋根をかぶせます。
後はスモークウッドに火をつけて待つだけです。

食材によってスモーク時間は異なりますが、1〜2時間程度燻製すれば出来上がりです!
燻製が終わったらそもまま捨てることができるので荷物にならなくていいですよ。

手作りのダンボール燻製ハウスを作ってキャンプ場で燻製してみてください。

ダンボール燻製ハウスの煙突からでる煙


煙突から煙が出るのが子供は楽しいみたいです

キャンプで使えるおすすめ燻製器

手作りするのはめんどいよ!って方は ソト(SOTO)の『いぶし処』は一度使わせてもらいましたが、価格もお手頃で性能もダンボール燻製ハウス以上です。(笑)

感想 〜ガムテープは便利だけど見た目がイマイチ〜

今回ダンボールの接着にガムテープを使ったのですが、ボンドで接着すればもっとキレイな仕上がりになったなーと思っています。

タイトルの『初号機』の通り今度はもう少し見た目に拘ったダンボール燻製ハウスを今後作ってみたいと思います。

いつになるやら。(笑)

おしまい

※リンク切れには注意しておりますが、もし発見された際にはご連絡を頂ければ幸いです。

Advertisement

DIYカテゴリの最新記事