夏といえば海!海にキャンプをプラスしよう! in 九十九里シーサイドオートキャンプ場

夏といえば海!海にキャンプをプラスしよう! in 九十九里シーサイドオートキャンプ場

オリジナルメーカー海づり公園

波の音が聞こえる九十九里シーサイドオートキャンプ場

夏といえば海!ということで今回は海にキャンプをプラスしてみました。

桑田佳祐の名曲『波乗りジョニー』に乗せてお送りします。(脳内BGM)

夏が似合う男『+CAMP!ING』ライターの ゆいP です

初めてのキャンプですっかりキャンプの魅力に取り憑かれた ゆいP 一家は、海の日の3連休はキャンプに海水浴をプラスしようと決めました。

しかし、6月に入りどこも予約でいっぱい。

奇跡的にピンポイントで空きがあった九十九里シーサイドオートキャンプ場に決めました。

今回がキャンプ2回目の ゆいP 家。
前回は実家にあったキャンプ道具と友人から借りた道具を持ってキャンプに行きましたが、今回はキャンプに行くにあたりキャンプ用品を買い揃えました。

九十九里シーサイドオートキャンプ場はAC電源が利用できます。

はじめての電源サイトなので何を持っていっていいのかわかりません。とりあえず、照明と暑いと思ったので扇風機を持って行くことにしました。

その結果、我が家の小さい車には積みきれないという事件が発生!

そこで急遽ルーフキャリアを購入しました。

【レビュー】小さい車でもキャンプに行ける!Amazonベーシック ルーフトップカーゴバッグ

釣りプラスキャンピング

最近、のあP(娘)がテレビの影響なのか、急に釣りをしてみたいと言い始めました。

キャンプ場の近くに『海釣りセンター』という海の魚が釣れる釣り堀がありましたが、値段はちょっとお高め。

はじめての釣りですぐ飽きてしまう可能性もあるので、九十九里に行く途中で市原市にある『オリジナルメーカー海づり公園』に寄ることにしました。

3連休の初日という事もあり、高速道路は大渋滞。

予定の倍時間がかかりましたが無事に海釣り公園に到着。

入場するには釣券の購入が必要です。大人は920円、小学生以下は無料でした。売店では釣り竿をレンタルし餌と仕掛けを購入。

売店のおばちゃんに「今日は釣れてますか?」と聞いたところ「あんまり釣れてないけど釣ってる人はいる」というなんとも曖昧な返答。

いきなり雲行きが怪しい!?

釣り竿を持ち今晩のおかず賭けていざ海へ!

はじめての釣りにテンションが上がる のあP。
一人で針に餌を付けるのはできませんが、私が餌を付ける姿に興味津々。餌のイソメにも全くビビることなく素手で掴んで私に渡してくれました。

オリジナルメーカー海づり公園

仕掛けを投げ入れた後は のあP に任せ、得意げに竿を揺らしながらリールを巻いていました。

待てど暮らせど1匹も釣れず、餌を食べられてる気配すら感じません。

すると、案の定 のあP は完全に飽きてしまいました。

周りを見ても釣れてる人は全然いませんでした。

気温30℃を超える中投げては、巻いてを繰り返すだけ…3時間ほど釣りをしていましたが結局ボウズでした。

一匹も魚は釣れませんでしたが のあP はあまり気にしておらず、釣れなくても面白かったようです。

次こそは大物を釣ってやる!

水餃子が美味しい麺屋むげん

麺屋むげん

釣りに夢中になってしまい少し遅めのお昼ご飯。

千葉県内を中心にチェーン展開している麺屋むげんに行ってみました。

のあP は餃子が大好物。むげんの餃子は焼き餃子ではなく水餃子でした。

ひろP(妻):「みずぎょうざって何だろうね?」
ゆいP:「!?」
ひろP:「…すいぎょうざか」

言った後に自分で間違いに気づきハニカム ひろP。
おちゃめな一面が垣間見えました(笑)

水餃子が気に入ったのあPは 一人で一皿食べていました。
私はマー油入の豚骨ラーメンを注文。もちもちの太麺で美味しかったです。

九十九里シーサイドオートキャンプ場

九十九里シーサイドオートキャンプ場
(出典:九十九里シーサイドオートキャンプ場

ラーメンを食べた後はいよいよ九十九里に向けて出発〜

一つ手前のインターで降りるミスをしてしまいましたが、渋滞もなく予定どおりの到着でした。

キャンプ場に行く途中にあったスーパーで買い出しをしたので、到着はチェックイン受付終了の5分前。危なかった〜

2回目のキャンプと言うこともあり前回より設営の手際が良くなっていました。

前回はペグも友人から借りており、その時はスノーピークの『ソリッドステーク』を使用しましたが、今回はテントとタープに付属のペグを使用しました。

今回利用したサイトは芝の区画サイトなのですが、砂利の上に土を盛っているような感じで、10センチ位下には砂利が埋まっています。

付属のペグは細いアルミのペグと、プラスチックのペグがあったのですが、アルミのペグは曲がり、プラスチックのペグは折れてしまいました。。。

ペグって大事だなぁと実感しました。

設営が終わると辺りも暗くなり始めたので今回購入したペトロマックス(Petromax) HK500 に火を灯します。

自宅で点灯のテストをした時には何回も失敗しましたが、今回は何事もなく無事点灯しました。

【レビュー】優しい光で闇夜を照らすケロシンランタン ペトロマックス(Petromax) HK500

ペトロマックス HK500 は優しい光でサイトを明るく照らしてくれます

ゆいP 一押しのランタンです。

初日の夜はBBQをしました。
本当は釣った魚を焼いて食べたかったのですが、一匹も釣れなかったので次回に期待します!

夕食後は、キャンプ場内にある温泉を利用しました。

九十九里シーサイドオートキャンプ場 露天風呂
(出典:九十九里シーサイドオートキャンプ場

海の日の3連休ということもあり温泉は大変混み合っており、洗い場は順番待ちの状態でした。

利用人数が多いせいか、シャワーの水圧が弱いかったです。お風呂は露天風呂になっており、沢山汗をかいた一日だったのでとても気持ちが良かったです。

脱衣所には大きなカナブンがいたのですが、勘違いした子どもたちが「ゴキブリがいるー!!」って騒いでパニックになってました(笑)

お風呂が終わり時刻は21時半、のあP は疲れていたので早めに就寝。いつの間にか私も一緒に寝てしまいました。

遠浅のビーチ飯岡海水浴場

7時起床。
外に出ると湿度が高く辺りは一面霧に覆われていました。

九十九里シーサイドオートキャンプ場 海岸
(キャンプ場近くの海岸へ朝のお散歩)

今回は電源サイトを利用できたので、扇風機を持っていきました。おかげで暑くて眠れないということは無かったです。

前回の反省を活かしアイマスクと耳栓も持って行ったので完璧でした。

朝から気温は30℃近くあり、のあPは施設内のジャブジャブ池で遊んでいました。

九十九里シーサイドオートキャンプ場 ジャブジャブ池

今日は海水浴!

キャンプ場から車で5分ほどのところにある『飯岡海水浴場』に行きました。遠浅の海で、私達が行った時間帯はちょうど干潮の時間帯でした。

海が浅いため、泳ぐというよりは水遊びをするような感覚。
大人が座っても頭が水から出る位の深さなので、小さい子供でも足がつきます。

波は結構高いので、小さい子供は波消しブロックの近くですと安心です。

海では砂を掘って池を作ったり、山を作って遊んでしました。

飯岡海水浴場

砂を掘ると『フジノハナガイ』というアサリより一回り小さいキレイな三角形が特徴的な貝が沢山いました。


(出典:市場魚貝類図鑑

食べると美味しいというネットの記事を見つけたので沢山集めたのですが、よく調べると絶滅危惧種だということが分かり海に返してあげることにしました。

帰る頃になると海が満ちて来て、砂浜に波が打ち寄せるたびに砂の中に隠れていた『フジノハナガイ』顔を出しそこら中『フジノハナガイ』だらけ。

絶滅危惧種がこんなに沢山見れるなんて(笑)

この日は早めにご飯を食べて、温泉に行くことにしました。

キャンプ+温泉=最強!!

夕食はパエリア。
パエリアはお米と具材を鍋に入れて火にかけるだけ。すごくお手軽なので、パパっと済ませたい時には最適です。

【キャンプ飯】暑い夏でも食が進む超簡単キャンプ飯!カレーパエリアの作り方

夕食後は車で10分ほどのところにある『かんぽの宿』に行きました。日帰り入浴は21時まで利用でき、広いお風呂でのんびりくつろぐことができました。

温泉は私のキャンプでの楽しみの一つです。

キャンプ場に帰った後は、焚き火を囲みながら一家団欒の一時。

前日の釣りの話や、海で集めた貝の話をしているといつの間にか眠ってしまった のあP

寝落ちするのあP

悩める4歳児『のあP』

最終日、いつもなら一番最初に起きる のあP ですが疲れていたようで、一番最後に起きてきました。

寝起きののあP

のあP が寝ぼけながら「お母さんみたいになっちゃた」と言うので理由を聞くと「お母さんはいつも最後に起きるから」と言っていて笑ってしまいました。

この日の朝は ひろP が会社先輩から頂いた熊本名物『阿蘇青たかな茶漬け』を冷やし茶漬けで頂きました。

阿蘇青たかな茶漬け(5g×8袋) – 熊本 阿蘇の特産品 お中元通販 ネットショップ – ASOMO

前日に炊いておいたお米に冷たいお茶をかけたお茶漬けは、朝から暑いこの日にはさっぱりとして食べやすかったです。飯盒で炊いたお米も上手に炊けていました。

ご飯を食べた後は撤収作業。暑すぎて全然やる気が起ません。

のあP はジャブジャブ池で遊びたいと言うので、撤収をしている間一人で遊びに行くことにしました。

撤収作業も終わり のあP を迎えに行ったのですが、プールにはおらず、近くを探してみると遠くから他のサイトをじっと覗いていました。

「どうしたの?」と声を掛けると、「みんなお友達がいていいな」と言っていました。

のあP は大人に対しては人見知りをしないのですが、同年代の子供に対しては自分から話しかけることがちょっと苦手です。

ジャブジャブ池でも話しかけられず、一人で立っているだけだったみたいです。

のあP には他の子と一緒に遊びたかったら自分から「一緒に遊ぼう」と声掛けるといいよと教えていましたが、その話を聞いて、のあP が話しかけやすいように親としてサポートしてあげればよかったなと考えさせられました。

周りのサイトに子供がいたら「うちの子一人だから遊んであげてね」と、ひとこと言ってあげるだけで自分から話しかけられるようになったかなとか、親同士が知り合いになれば子供に対して話しかけやすかったかなと考えました。

これからキャンプをしていく上で徐々に自分から話しかけられるよに、一緒に頑張ろうと思いました。

夏満喫の海キャンプ!黒い肌も夏の思い出

今回のキャンプで のあP は初めて釣りを経験しました。釣れなくても楽しかった様ですが、魚を釣り上げる楽しさを経験させてあげたいと思います。

次回は秩父の長瀞に行きます!
秩父では釣り堀に行こうと思っているので流石に釣れ無いってことは無いだろう…

3人とも真っ黒に日焼けして痛かったですが、今回も楽しい思い出になりました。

真っ黒に焼けた ゆいP一家

つづく

※リンク切れや営業時間と料金の変更には注意しておりますが、もし発見された際にはご連絡を頂ければ幸いです。

Advertisement

プラキャン日記カテゴリの最新記事