【レビュー】キャンプだけでなく様々なレジャーシーンで大活躍!荷物運びの頼れる存在Coleman(コールマン)アウトドアワゴン

【レビュー】キャンプだけでなく様々なレジャーシーンで大活躍!荷物運びの頼れる存在Coleman(コールマン)アウトドアワゴン

荷物運びの頼れる存在Coleman(コールマン)アウトドアワゴン

車からテント設営場所まで荷物を運ぶ時皆さんはどうしてますか?

『+CAMP!NG』ライターの ゆいPです

フリーサイトのキャンプ場で車乗入れ禁止のキャンプ場って珍しくないですよね。

そんな時に役立つのががColeman(コールマン)の『アウトドアワゴン』

実はキャンプ以外での利用シーンが意外と多いんです。

今回は我が家でも使っているアウトドアワゴンについてご紹介したいと思います。

Coleman(コールマン)アウトドアワゴンについて

Nordisk(ノルディスク)ウトガルド側面の小窓

キャンプ用品で有名なコールマンから販売されているアウトドアワゴンは沢山の荷物を運ぶことができる折りたたみのワゴンです。

大型のタイヤがついているのでスムーズに移動でき、ストッパーもついているので坂道でも安全に停めておくことができます。

また両サイドにDリングがついているのでロープなどで荷物を固定することができます。

オプションのワゴンテーブルがあればテーブルとして利用することもできます。

スペック

使用時サイズ約1,060×530×1000(h)mm
収納時サイズ約180×400×770(h)mm
荷台サイズ約880×420×310(h)mm
重量約11kg
耐荷重約100kg

アウトドアワゴンに含まれているもの

  • 収納バック ×1
  • 本体 ×1
  • 底板 ×1
  • フック付きラバーバンド ×1

Coleman(コールマン)アウトドアワゴンのgood ポイント

荷物と一緒に積まれるのあP

耐荷重100kg

アウトドアワゴンは容量が大きいだけでなく、耐荷重が100kgもあり重いものを運ぶ事ができます。

荷物を載せる時は一点に力が集中しないように乗せましょう。底板が割れます!!

以前、お花見の荷物運びに使った際に酔っ払った大人がワゴンに乗って底板が割れました。

私と同じ様に底板が割れてしまった方は本体を買い替えなくても底板だけ購入すれば大丈夫です!!

大きなタイヤでちょっとした段差もへっちゃら

コールマンのアウトドアワゴンはタイヤが大きく丈夫。

川辺の大きめの石がゴロゴロしているところでも余裕です。

コンパクトに収納できる

類似品は沢山ありますがその中でもコールマンのアウトドアワゴンはコンパクトに収納することができます。

持ち運ぶにも収納するにも小さい方がいいですよね。

荷物と一緒に子ども乗せて運べる

遊び疲れて歩けなくなった子どもをアウトドアワゴンに荷物と一緒に運ぶことができます。

抱っこして歩くよりワゴンに乗せて運ぶと超楽です!(笑)

キャンプ以外でも大活躍

キャンプ以外でも日常生活でもアウトドアワゴンは使う機会は多いです。

我が家での利用シーンはこんな感じです。

  • 公園
  • 花見
  • BBQ
  • 花火大会
  • 海水浴
  • 屋外プール(埼玉のオアシス水上公園)
  • 駐車場から家までの荷物運搬

などなど、利用用途は多岐にわたります。

自転車に紐で縛り付けて走ってる人も見ましたが、道路交通法的に大丈夫なんだろうか…

Coleman(コールマン)アウトドアワゴンのbad ポイント

タイヤに土が詰まる

タイヤに凸凹あるので泥道で使うと土が詰まります。

乾いた泥が車や家の中でボロボロ落ちるので利用後は綺麗にしてから

同じものを持ってる人がいっぱい

大きい公園に行くと赤いアウトドアワゴンがいっぱいいます。(笑)

最近はカラーバリエーションも豊富になって来たみたいなので人と同じのが嫌な人は他の色を選んでみてはどうでしょうか?

T字の持ち手が持ちづらい

持ち手が小さくて持ちづらいです。

坂道で手が滑ると坂を転がり落ちていってしまうというリスクはあります。

他のメーカで持ち手が輪っかになっているものや、ショッピングカートの様に両手で引っ張れるアウトドアワゴンもあるので心配な方はそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

感想 ~アウトドアに革命を巻き起こしたすごいやつ~

川崎競馬場バーベキュー場 注意を受けたコールマンのアウトドアワゴン

アウトドアワゴンにワンタッチテントやテーブルなどを積んで公園でデイキャンプのように寛ぐ人が最近多くなってきたように感じます。

我が家も公園でアウトドアワゴン見かける機会が多くなり気になって購入しました。

購入してからは沢山道具を積むことができるので、普段利用している公園にキャンプ用品を持ち込みプチアウトドアを楽しむことができるようになりました。

花火大会では駐車場から会場までの距離があったので荷物を運ぶのに重宝しました。帰りには疲れた子どもはワゴンの中で爆睡でした。

キャンプだけでなく様々なシーンで活躍するアウトドアワゴン。一家に1台いかがでしょうか?(笑)

おしまい

※リンク切れには注意しておりますが、もし発見された際にはご連絡を頂ければ幸いです。

Advertisement

キャンプギアレビューカテゴリの最新記事